Looopでんき

Looopでんき(ループでんき)は、新電力小売り事業者のひとつ、離島を除く全国で電力の販売を行っています。スマートタイムONEは、Looopでんきが提供しているサービス名です。

Looopでんきは、基本料金0円プランを日本ではじめて採用した元祖企業。小売電気事業者として安心の実績を持っています。

電気代を少しでも安く抑えたい方は、ぜひLooopでんき・スマートタイムONEの申し込みをご検討ください。

「引越し先の予約」と「現在のお住まいでの切り替え」どちらもこのページからお手続きできます。

電気代最大8,000円割引キャンペーン実施中!

Looopでんき・スマートタイムONEでは、新規でお申し込みいただいたお客様に対して、電気代が最大8000円割引されるキャンペーンを実施しています。

ぜひこの機会にスマートタイムONEにお申し込みください。

キャンペーン内容

対象プランに新規でお申し込みいただいたお客様に対して、2024年9月使用(10月請求)分の電気料金から最大で8,000円を割引いたします。

最大8000円割引キャンペーン内容
キャンペーン期間2024年2月5日(月)~3月31日(日)に申し込みいただいた方(個人のみ)
※「開通」ではなく「申し込み」です。
※「引越し先の予約」「現在のお住まいでの切り替え」どちらも割引対象です。
対象プラン・スマートタイムONE(電灯)
・スマートタイムONE(動力)
特典内容「2024年6月使用(7月請求)分の使用電力量」に応じて、「2024年9月使用(10月請求)分の電気料金」から最大8,000円(税込)を割引します。

使用電力量と割引額は以下の通りです。
・使用量が0~149kWhであった場合:500円(税込)割引
・使用量が150~299kWhであった場合:3,000円(税込)割引
・使用量が300kWh~であった場合:8,000円(税込)割引
適用条件申し込み完了後、以下2点が満たされていること
・2024年6月末日までに電気の供給契約が開始していること。
・本キャンペーンの特典が適用される期日まで電気供給契約が継続していること。

手続きは不要・下記のバナーからお手続きください

  • 割引キャンペーンを適用するための手続きは不要です。2024年3月31日までに申し込みしていただき、6月末までに使用開始していれば、自動で割引が適用されます。
  • 2024年6月(7月請求)分の電気使用量に応じて割引額が決定されます。300kWh以上であった方は、最大8000円割引が適用されます。
  • 割引が適用されるのは、2024年9月使用(10月請求)分です。
  • 電気料金が割引額に達しなかった場合、次月に繰り越しはありません。
  • 現在、Looopでんき契約中の方で引越し先の移転申し込みをする方も割引対象になります。以下のバナーからお手続きください。
  • 割引対象になるのは、個人のお客様のみです。
Looopでんき申し込み

Looopでんき・スマートタイムONEの概要(電灯契約)

  • 基本料金が0円
  • 電気単価が30分毎に変動する
  • 契約手数料、工事費用無料
  • 制約期間無し、違約金無し
  • 離島を除く日本全国対応

スマートタイムONEは基本料金0円

スマートタイムONEは基本料金0円
固定費がかからない新電力

スマートタイムONEのポイントとなるのが、基本料金が0円であることです。

「使った分だけ電気代を払う」のがスマートタイムONEです。

さらに大手電力会社では、三段階制になっている単位料金もひとつに統一されています。

Looopでんきの料金体系は、簡潔でわかりやすく設定されています。

引越し先でスマートタイムONEの予約をする

Looopでんき引越し先予約申し込み
お手元にクレジットカードをご用意ください

Looopでんき・スマートタイムONEは、引越し先での予約申し込みを受け付けています。

スマートタイムONEで予約するには
電気を使い始めたい日よりも3日以上前であれば、Looopでんきでの予約が可能です。「申し込み日」と「電気使用開始日」が中2日以上空いていれば手続きが間に合います。上記の図を参照ください。

申し込み手続きにご用意いただくものは、

  • 引越し先の住所
  • お支払い登録するクレジットカード情報

この2点のみです。申し込みはウェブでの手続きなので、電話で待たされることはありません。

Looopでんき申し込み

前倒しでの電気予約もおすすめ

Looopでんきは基本料金がかからないので、前もって予約しておくこともお勧めです。

電気を使った分だけ料金が発生しますので、引越し日より前に使用開始したとしても「基本料金がもったいない」ということにはなりません。

あらかじめ使用開始しておけば、万が一引越し予定が早まった際でも安心です。

スマートタイムONEの料金単価

スマートタイムONEの電気代計算
スマートタイムONEの電気代

スマートタイムONEの1kwhあたりの単価は、「固定従量料金」「電源料金」「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」で構成されています。

  • 固定従量料金:毎月固定の料金単価(地域ごとに決まっている)
  • 電源料金:30分ごとに変わる料金単価(市場価格に連動する)
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金(1.40円で固定)

(固定従量料金+電源料金+1.40円)×電力使用量=お支払いする電気代

基本料金は0円ですので電気料金は、このように計算されます。

料金の内訳
  1. 再エネ賦課金(ふかきん)は、全国どこでも固定で1.4円です。(一年に一度を目安に見直しされます)
  2. 固定従量料金は、「東京電力エリア」「関西電力エリア」など地域の大手電力会社ごとに決まっていて毎月固定です。
  3. 電源料金については、電力の市場価格に連動する形で30分ごとに変動します。

固定従量料金表(地域により固定)

基本料金0円単価/kwh
北海道電力管内16.17
東北電力管内16.84
東京電力管内15.28
中部電力管内16.07
北陸電力管内15.09
関西電力管内14.39
中国電力管内15.96
四国電力管内15.91
九州電力管内15.87
沖縄電力管内18.88
単位(円)・税込み

電源料金(市場連動型)

スマートタイムONE電源料金
昼間は安く夜は上がりやすい

電源料金は、JEPXのスポット市場価格に基づいて30分ごとに金額が決まります。

スマートタイムONEのポイントになるのが、この電源料金です。市場価格に連動する形で電源料金が変動するのです。

電力の需要が多い時には価格が上がりやすい、電力の需要が少ない時には価格が下がりやすい

電力市場の基本的な考え方としては、このように相場が動きます。

時間帯や季節による傾向
一日の中で例えると、昼間は電力使用量が少ないため価格が安くなる傾向にあります。一方で夜間の18~20時あたりは、需要が多くなるため取引価格が上がりやすくなります。添付の図を参照ください。
年間で見ると、夏や冬は高くなりやすく、春や秋は安くなる傾向が強くなっています。

具体的な金額を挙げると、日中の電源料金は0円近くになることも珍しくありません。

つまり電源料金がほとんどかからないので固定従量料金のみとなるのです。東京電力など、大手電力会社の料金と比べると格段に安くなります。

一方で夜間には、電源料金が15~20円になる時間帯もあるため、一般送配電事業者と同程度の単価になることもあります。

JEPXとは
JEPX=日本卸電力取引所

一日前市場(スポット市場)や当日市場などを扱う取引所、日本国内で供給される電力が売買されています。
Looopでんきの電源料金は、JEPXの「スポット市場価格」に基づいて決定されます。

市場価格をリアルタイムでアプリやホームページで確認

市場価格の推移は、Looopでんきが提供するアプリやホームページ上で確認ができるようになっています。

リアルタイムで現在の単価を確認
アプリやHPで現在の単価を見ることができる上、明日の価格なども確認できます。従って「電気代が安い明日の〇〇時ごろに〇〇をしよう」など電気料金に応じた計画を立てることができるのです。
※翌日の市場価格は、前日の17時に決定されます。

これは単価が安い時間帯に電気を使用したいという顧客に向けたサービスです。また市場連動型である故に、「高くなってしまうのではないか」という顧客の心配にも配慮しています。

その他にもマイページ上で、前年や前月などの電気代を比較することができるほか、節電効果(ピーク時間帯外に電力を使用することによる削減額)なども確認ができるのです。

Looopでんきの契約者数が増えている
2023年における市場価格は、コロナ渦の頃と比べると落ち着きを取り戻しています。
つまりスマートタイムONEで適用される単価が安くなる傾向にあるのです。
逆に大手電力会社は、2023年6月に7社が大幅な値上げを実施しました。「大手電力会社の値上げ」と「市場価格の下落」による影響から、Looopでんきの契約者数が増加しています。
Looopでんきに切り替えれば、電気代を安くできる可能性が高いのです。

スマートタイムONEをおすすめする理由

2021年から2022年にかけて燃料危機により電力市場の価格が高騰しました。

その影響から電力事業から撤退する事業者が相次ぎました。財政基盤が弱い新電力事業者がピンチに陥ったのです。

大手電力会社の値上げ
そして2023年6月に大手電力7社(北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中国電力・四国電力・沖縄電力)が大幅な値上げを実施するに至ります。
経済産業省HP

大手電力会社をはじめとする「電力単価を固定している小売事業者」は、市場価格高騰のリスクを回避するためにあらかじめ高めの単価設定をせざるを得ないのです。

リスクもあるがメリットも大きい
対してスマートタイムONEは、「自社の利益額は固定」で「電力単価は市場価格に連動」します。
従って「市場価格が高い時には単価が上がるリスクがある」のですが、「市場価格が安い時には、その恩恵をダイレクトで受けることができる」のです。
単価を固定している事業者では、このようなリスクも恩恵もありません。

2023年に入ってからは、「市場価格が落ち着いている状態」であるため、恩恵を受けられる可能性が高いのです。実際の数字でもスマートタイムONEの方が安くなるお宅が多いことが示されています。⇒大手電力会社とスマートタイムONEの比較

お宅によっては、大幅に電気代を削減できるかもしれません。

スマートタイムONEへ申し込む

Looopでんきのお申込みはウェブ上の公式サイトより承っています。お申込みご希望の方は下の画像よりお手続きください。

スマートタイムONEは、最低利用期間(制約期間)の設定がありません。いつでも無料で他社へ切り替えができますので、安心してお申し込みください。

Looopでんき申し込み
スマートタイムONE・再点予約
引越し先でLooopでんきの申し込みを考えている方も、簡単に予約することができます。
つまり地域の電力会社で開通させなくても、最初からスマートタイムONEで使いはじめることが可能です。引越し予約の場合には、住所だけ把握していればお申込みができます。
ご注意としまして、お引越し日までに3日間以上空いている必要があります。
※新築住宅の場合には、供給地点特定番号が新規で発行となるため、予約をすることができかねます。

支払い方法

Looopでんき申し込みには、クレジットカード登録が必要です。銀行口座引落しや請求書払いは承ることができません。

電気料金などの管理は、すべてウェブ上のマイページで行うので紙の検針票ではなくなります。マイページからは過去に遡って電気料金の比較を行うことも可能になっているため非常に便利です。マイページ登録のため、メールアドレスの登録が必須となっています。

スマートタイムONEの支払方法
  • クレジットカード支払い必須
  • メールアドレスの登録必須
  • 紙の検針票は無い

燃料費調整額がない

LooopでんきのスマートタイムONEプランでは、燃料費調整制度を導入していません。

燃料費調整制度とは
燃料費調整制度とは、燃料価格や為替レートの変動を電気代に反映させて毎月変動させる仕組み。
多くの電力会社で採用されている制度ですので、明細を見ていただくと「燃料費調整額」の欄にプラスマイナス〇〇円のように調整された金額が記載されているかと思います。
燃料費調整額は通常、過去3か月間の仕入れ価格にもとづき算出して、2か月後の電気料金に反映されます。

参照ページ(外部サイト):東京電力の燃料費調整額

スマートタイムONEでは、「過去の燃料費用」ではなく「現在の市場価格」をダイレクトに電気料金に反映させています。

「電源料金」が「燃料費調整額の代わり」なのです。

「ピークシフト」電気代を節約する工夫ができる

燃料費調整額は、採用している事業者の顧客すべてに平等で同じ金額が反映されます。

例えば東京電力と契約しているお宅であれば、燃料費調整額は同じ金額で統一されているので、消費者の節電など努力や工夫が及ばない範囲となります。

ピークシフトで電気代を節約できる
スマートタイムONEでは、「電源料金単価はすべての顧客統一」であるものの、「電気を使う時間帯を自身でコントロールする」ことができます。
単純に「電気をなるべく使わないようにしよう」とする節約だけではなく、「市場価格が安い昼間の時間帯になるべく電気を使おう」などの節約が可能になるのです。
「燃料費調整」ではなく「市場連動価格」であることが、メリットになり得ることがおわかりいただけるでしょうか。
市場価格が高い(ピーク)時間帯を避けて電気を使うことを「ピークシフト」と呼んでいます。

簡単にいうと、

  • 燃料費調整額は、みんな統一であり努力が及ばない金額
  • 電源料金は、自身の工夫(時間帯の調整)で安くすることができ得る金額

ということです。

市場連動価格プランは、見方を変えると電気代を安くするチャンスがたくさんあるのです。

「自分で電気を使う時間帯を工夫して電気代を安く抑えたい」と考えている方には、スマートタイムONEが非常におすすめです。

Looopでんきがおすすめの方

Looopでんきがおすすめのお宅
アンペア数が大きいお宅や不在が多いお宅で特にお勧め

スマートタイムONEは、基本料金がかからないので「使った分だけ電気代がかかる」という仕組みのサービスです。

どんな方にもおすすめ
基本的にスマートタイムONEは、どんなお宅でもお勧めすることができます。
前項で電気を使う時間を工夫して節約することを記載しましたが、「工夫しなければ安くならない」わけではありません。
「アプリを見てコントロールするのは難しい」という方でも、大手電力会社よりも安くなる可能性は高いのです。
ページ下部に大手電力会社との比較表を掲載しています。⇒比較表へ
特に差額が大きくなりやすいお宅
特にお勧めできるお宅を挙げると、別荘やセカンドハウスなどで電力使用量が無い又は非常に少ない月がある方は、確実に安くすることができます。
また契約アンペア数が大きいお宅ほど、基本料金が無料になるので差額が大きくなりやすくなっています。
法人で市場価格が安い昼間の時間帯を営業時間としている事務所では、確実に電気代を安くすることができるでしょう。

その他にも

  • 夕方以降の電気使用量が少ない
  • 昼間に電気を多用するなど、電気の使い方をコントロールできる
  • 蓄電池が設置されている

このようなお宅では、電源料金が安い時間帯に消費を多くすることができるため、差額を大きく出すことができるでしょう。

透明化された料金プラン

スマートタイムONEプランは、市場連動価格型という極めて透明性が高い料金システムを採用しています。

スマートタイムONEの料金は透明化されている
(固定従量料金+電源料金+再エネ賦課金)×電力使用量=お支払いする電気代
この図式で電気料金が決められることは記載しました。
  • 再エネ賦課金:年度ごとに経済産業省によって決められる。
    参照:再エネ賦課金の解説
  • 電源料金:公開されているJEPXの取引価格に準じて決められる。
  • 固定従量料金:各エリアの「託送料金」に「Looopでんきの利益額(固定額)」をプラスして決められる。
    例:東京電力管内「託送料金:9.78円/kWh+サービス料(Looopでんきの取り分):5.5円/kWh=15.28円」
この中で不明瞭な金額がまったくないことがおわかりいただけるかと思います。

Looopでんきは、自社の利益分を固定することにより、ピークシフトにより節約が可能な市場連動型プランを実現したのです。

ピークシフトによる節電・節約

ピークシフトは、近年になって使われはじめた言葉で「電気単価が高い時間帯(ピーク)を避ける」という意味です。

電力の市場価格には、時間帯や季節による相場があり常に同じ価格帯を推移している訳ではありません。

従ってピークシフトにより、どんなお宅でも電気代を節約することができるのです。また「電力消費の時間帯を集中させない」という考えは、環境保護にもつながります。

ピークシフトの考え方は、世界がカーボンニュートラル社会に向かうことと並行して主流になっていくでしょう。

スマートタイムONEのリスク(電気代が高くなる?)

スマートタイムONEに変更すると、どのくらい電気代が安くなるのでしょうか。逆に電気代が高くなることはないのでしょうか?

具体的な過去の実績で比較してみましょう。

以下の図は、2023年1月から12月までの「各大手電力会社の料金」と「スマートタイムONE利用者の平均使用量から算出した料金」を比較した一覧表です。

前述したような「ピークシフトによる時間帯の工夫をした結果」ではなく、単純に平均使用量からの料金を比べた結果です。電気を使う時間を考えることにより、比較表よりも安くできる可能性が高くなります。

  • マイナスの数字(赤色)の月は、大手電力会社よりもスマートタイムONEの方が高い
  • プラスの数字(色)では、大手電力会社よりもスマートタイムONEの方が安い

とご認識ください。数字が大きいほど金額差が大きくなります。

一人暮らしの方の比較表

Looopでんき・一人暮らし削減率
※2024年4月より含まれる予定である容量拠出金相当額と託送料金を全ての月に反映し算出しております。
(2023年1月~2023年12月のJEPXの実績値に基づき算出。)

こちらは単身世帯の電気料金を比較した表です。

このように見ると1月は、電力の使用量が多い月ですので、市場価格が上がる傾向にあるためマイナスの数字が多くなっています。

2月以降の料金を見ると多くの地域でスマートタイムONEの方が安くなっていることがおわかりいただけるかと思います。

Looopでんきによる試算では、「10エリア中9エリアは、スマートタイムONEの方が安い」という結果です。

北海道電力は電気単価が高い
特に北海道電力管内では、元々の電気料金が高いので差額が非常に大きくなっています。北海道にお住まいの方は、スマートタイムONEに切り替えることをお勧めいたします。

逆に四国電力管内は、元々の電気料金が安いため注意が必要です。

ファミリー世帯の比較表

Looopでんき・4人暮らし削減率
※2024年4月より含まれる予定である容量拠出金相当額と託送料金を全ての月に反映し算出しております。
(2023年1月~2023年12月のJEPXの実績値に基づき算出。)

こちらは家族4人のお住まいの平均使用量の比較表です。

家族世帯では、アンペア数が大きいことなどが影響して、一人暮らしよりも安くなる傾向が強いことがわかります。

トータルでスマートタイムONEの方が安い
すべての地域でスマートタイムONEへ切り替えることをお勧めできます。仮に高くなってしまう月があったとしても、安くなる月でその分以上をカバーできるでしょう。

「すべてのエリアでスマートタイムONEの方が安い」という結果です。

法人の比較表

Looopでんき・法人削減率
※2024年4月より含まれる予定である容量拠出金相当額と託送料金を全ての月に反映し算出しております。
(2023年1月~2023年12月のJEPXの実績値に基づき算出。)

こちらは電気用途をビジネスと選択して申し込んだ方の平均使用量の比較表です。

家族世帯と同じくアンペア容量が大きいことや、法人は昼間の電気使用量が多い傾向にあることから、さらに割安感が強まっています。

法人はLooopでんきがお勧め
全エリアスマートタイムONEの方が安くなっています。削減率を見てもかなり大きいことがおわかりいただけるかと思います。
オフィスや店舗などで電灯契約の電気を使用している法人様は、スマートタイムONEへの切り替えることをお勧めいたします。

日中を営業時間としている企業様は、経費削減できる可能性が非常に高いでしょう。どの地域の法人様も、ぜひスマートタイムONEへの変更をご検討ください。

Looopでんき申し込み

スマートタイムONE・動力契約

スマートタイムONEでは、動力プランも取り扱っています。

動力契約では、基本料金が0円ではありません。その他、固定従量料金も電灯契約とは金額が異なります。

店舗などで電灯と動力を併用している方は、以下ご覧ください。

基本料金表(動力契約)

1kw毎の基本料金
北海道電力管内608.30
東北電力管内630.30
東京電力管内731.97
中部電力管内550.00
北陸電力管内539.00
関西電力管内460.90
中国電力管内568.70
四国電力管内554.40
九州電力管内571.44
沖縄電力管内795.30
単位(円)・税込み

固定従量料金表(動力契約)

基本料金0円単価/kwh
北海道電力管内10.33
東北電力管内14.96
東京電力管内10.70
中部電力管内12.18
北陸電力管内11.07
関西電力管内10.63
中国電力管内12.07
四国電力管内12.31
九州電力管内11.65
沖縄電力管内13.66
単位(円)・税込み

電源料金と合計単価(動力契約)

動力契約の電源料金も、電灯と同様に30分毎に変動します。

市場価格の推移も日中は安くなり、夜間に高くなる傾向は同様です。

スマートタイムONE・動力契約【合計料金】
スマートタイムONE・動力契約【合計料金】

こちらは東京電力管内で電源料金と固定従量料金を合計した推移表です。

東京電力管内は、固定従量料金が10.7円ですので、日中はほとんど電源料金が加算されていないことがわかるかと思います。

お勧めの事業所としては、以下のような法人が挙げられます。

  • 夕方以降の電気使用量が少ない(幼稚園・銀行など日中営業の法人)
  • 天気の悪い日の電気使用量が少ない(ゴルフ場・キャンプ場など)
  • 必要な電力消費の時間をピークシフトできる(昼間に電力消費を集中させることができる)

電灯契約と同じく制約期間や違約金の設定はありませんので、ぜひ経費削減の一環としてスマートタイムONEプランへのお申し込みをご検討ください。